海物語っていつやめたらいいの?

パチンコを打っているとヤメ時に困る事はありませんか?自分がヤメた後に連チャンされたりしたら、その人の引きと分かっていても「ヤメ時を見誤った!」と後悔したりしてしまいますよね(笑)

 

 

そんな難しいパチンコのヤメ時ですが、連チャン後に即ヤメする人もいれば、好調台だからという事でもうしばらく様子を見る人もいると思います。

 

 

その他にも時間の関係だったりハマり具合だったり人によってヤメ時はさまざま。今回はそんな海物語のヤメ時について様々なパターンを紹介します。

 

 

パチンコ海物語の基本的なヤメ時とは

 

基本的なヤメ時は2種類あり、理論的な考えでヤメ時を考えるパターン、オカルト的な考えでヤメ時を考えるパターンがあります。今回はその中からいくつか紹介していくと…

 

 

正攻法でのヤメ時(ボーダー派)

正攻法で一般的に言われているヤメ時は、やはりボーダーラインを下回った場合です。「スーパーリーチがよくかかる」「保留変化がよく出る」などは気にせずひたすら1000円あたりの回転数をチェックしていきます。

 

 

ムラの関係もあるのであまり早すぎる見切りは危険ですが、5000円も打てばだいたい1000円あたりの回転数が分かってきます。この時にボーダーを上回っていなければそこがヤメ時。

 

 

少しでも期待値の高い台を探す為に台移動を考えます。但しムラが激しい台の場合ですと5000円程度では見極めることができない場合もあります。基本釘が見れる人は大丈夫ですね。

 

 

あとは時間の関係も大切なヤメ時を見極めるポイントになります。どんなに遅くても閉店1時間前に現金投資をする事はオススメできません。

 

 

出玉遊戯中でも確変や時短の持越しができないのであれば、閉店1時間前くらいがヤメ時のベストだと思います。それ以上ギリギリまで打つと、確変途中で終わる可能性も出てくるので期待値も下がってしまいます。

 

 

特に北斗無双などの高継続率の台、海物語の様に時短が100回付いてきて消化に時間がかかる台、このようなタイプはギリギリまで遊技せず時間に余裕をもってヤメ時を見極めましょう。

 

 

<関連ページ>

 

 

また当然ですが確変状態でヤメるのは駄目です。海シリーズの場合、確変か確変ではないかの状態は画面で簡単に分かりますので説明は割愛します。

 

 

オカルト的なヤメ時

基本オカルト打ちは良くないと思いますが、一応オカルト的なヤメ時で多いのはやはり魚群を外した時ですね。魚群が外れるような台はダメ!という事で、そこをヤメ時にする人は多いようです。

 

 

ただ、これには逆パターンもあり「魚群を外した後はお詫びで当たりが来る」というオカルトもあります。オカルト的な考えで言うと魚群を外した直後はヤメ時でもあり攻め時でもあるという事ですね(笑)

 

 

もう1つオカルトで代表的なヤメ時は隣の台が連チャンし始めた時です。連番で大当たりが連チャンする可能性は低いと考えるのか、ただ単にハマってる最中に隣で連チャンされる事が耐えられないのかは分かりません。

 

 

とにかく隣が連チャンし始めると、自分の台がボーダーを超えているとか関係なくヤメ時にしてしまいます。

 

 

しかしこれにも全く真逆に考えるオカルトがあり、隣が連チャンしているなら次は自分の台が連チャンするんじゃないかと思い粘る人もいます。

 

 

同じ状況でも考え方が180度違うのがオカルトの面白いところですね(笑)また一番のオカルトは、10連チャンなど一気に出た場合、即ヤメをするということ。

 

 

大連チャンをした後は良くハマる…というのはオカルトな話ですが、実際に良くハマっているような気もしますし大連チャン後はイマイチ出てないような気もします。

 

 

またリーチ目などで判断する人もいます。パチンコでリーチ目?とちょっと驚きますが、これもオカルト論の一つで有名ですね。

 

 

<詳細>

 

 

但しこれらオカルトで紹介した話は気休め程度で考えておくといいでしょう。基本的なヤメ時は打つ台がボーダーに達してなかった場合、これです。

 

 

ですので例えばボーダーよりも+6回転も回っている台を、大連チャンしたから即ヤメ…というようなことはしない方がおすすめです。

 

 

オカルトなヤメ時は避けて勝負する

オカルト的なヤメ時などもいくつか紹介してきましたが、勝ちに少しでも近づきたいならやはり理論的な考えでヤメ時を判断するべきです。

 

 

ボーダーを超えていれば打ち続ける、ボーダーを下回っていればどれだけ熱い演出が頻発してもヤメる。とにかくボーダーを意識してヤメ時を考えましょう。

 

 

パチスロと同じですね。パチスロでも高設定だと一日中打ちますが、パチンコも同じ。ボーダーが設定みたいなものです。ボーダー付近の台だと機械割100%、設定3ぐらいの台という感じでしょうか。

 

 

特に一番止めなくてはいけないのが「この台は回るけど全然リーチが来ないからダメ」というオカルト的なやめ方です。リーチが来ないのはリーチの乱数を拾ってないだけの話。

 

 

簡単に説明すると、ヘソにパチンコ玉が入るタイミングが合っていないだけの話です。リーチが来ない場合はすごく退屈に思えてしまうかもしれません。

 

 

特に海物語の場合は通常時の演出などもシンプルですので、余計に退屈と感じるかもしれませんが、良く回る事はパチンコにとってこれ以上ないチャンスなのです。

 

 

またリーチの乱数自体が保留の数によって変化しているので、良く回る台は無駄なリーチが省かれ演出の消化も早いので効率よく打つこともできます(保留0だとリーチになる確率が高くなるという意味)

 

 

液晶の騒がしさに惑わされず、先ほども書いた通りボーダーを意識してヤメ時を見極めてください。ちなみにボーダーを意識する方は、お店選びなどもしっかりとしましょう。

 

 

<店選びについて>

 

 

ヤメ時を判断するのは時間がかかる場合も

 

台を選ぶ時にはまず釘調整をチェックする事が大前提になりますが、ハッキリ言ってパチプロでも百発百中という訳ではありません。動画などを見ていると打ってみると意外と回らないなんて事も良くあるようです。

 

 

よく言われるのが打ち始めの500円・1000円程は玉の膨張などがあり、回りが安定しないという意見です。(真意は分かりませんですが……)

 

 

当然ネカセの加減で釘が開いているように見えても回らない事があります。

 

 

その他にもパチンコには回る時と回らない時のムラが必ず出てくるので、その当たりを見極めその台がボーダーを超える台なのか判断するには、それなりの時間が必要になってしまいます。

 

 

500円づつカニ歩きして回る台を見つけてもムラが原因の可能性もあるので、釘をチェックしたらある程度は腰を据えてから判断するようにしましょう。

 

 

最近は右打ちの機種も増えており一応目視でチェックはしていると思いますが、こちらも実際に右打ちしてみるまでは思い通りの動きをするか分かりません。

 

 

その為台の良し悪しを完璧に網羅するには時間がかかってしまいます。特に釘が読めない人はもっと時間がかかってしまう可能性がありますが、基本はボーダー越えを狙いましょう。